髪にダメージを与えずに白髪染めをするには?

白髪染めは、他のヘアカラーと同じように薬品を使って髪に色を入れるという目的からもわかるように、髪や頭皮にダメージを与えることです。それでは、どのようにすればそのダメージを最小限に抑えられるのでしょうか。今回は、その方法をいくつかご紹介します。

白髪染めシャンプーやトリートメントがある

髪に優しいヘアカラーや白髪染めを選ぶ

シーエッセンスカラーフォーム
ヘアカラーや白髪染めには、いくつか種類があります。そこで髪への負担の少ない種類のものを選べば、髪へのダメージは最小限に抑えられます。例えば、その代表的なものとしてヘナカラーの白髪染めは植物由来の成分から作られていますので、他のヘアカラーに比べて脱色効果がなく、髪の表面をコーティングしながら色を加えていきます。色の入り方もゆっくりで、急に色が変わらずに自然なカラーになります。頭皮や髪の状態を保ちながら白髪染めが可能です。ヘアカラー特有の匂いもありません。

トリートメントの活用

白髪染めは、多かれ少なかれ髪や頭皮にとっては刺激を与えるものです。そこで白髪染めをした髪は、しっかりと補修してあげる必要があります。その時に有効なのが、白髪染め用のトリートメントです。白髪染め用のトリートメントは、入った色を定着させつつ、髪をしっかり補修してくれます。痛んだ髪に必要な影響を与え、健康な髪の状態へ戻してくれます。

白髪染めシャンプーやトリートメントがある

白髪染めのなかでも、最も色を自然に変えられるのが白髪染め用のシャンプーやトリートメントです。このタイプのものは、色を髪の表面に少しずつ入れられるので、白髪染めには少しはやいかなという世代の方でも気軽に始められる商品です。これなら髪へのダメージもほとんどなく、トリートメントと活用すれば髪の保湿や栄養補給も同時に可能です。美しい髪のツヤを保ちながら、少しずつカラーリングできます。

サロンでの白髪染めがおススメ

そしてお家での白髪染めは、カラーがムラになって何度も繰り返すことになったり、頭皮にカラー剤が付着して、結局頭皮や髪にトラブルを起こす原因を作ることもあります。あまり自信がない方なら、サロンでの白髪染めがおススメです。トリートメントやマッサージなどでカラー後の状態もケアしてもらえますので、たまにはヘアサロンでの白髪染めもいいですね。特にフルカラーされる方は、トラブルも少なくサロンでの白髪染めが適しています。
髪に優しいヘアカラーや白髪染めを選ぶ

更新情報

2016/04/25
髪にダメージを与えずに白髪染めをするには?の情報を更新しました。
2016/03/30
白髪染め家庭用を使用する時…を新規投稿しました。
2016/03/30
白髪染め使用するデメリットとは?を新規投稿しました。
2016/03/30
自宅でも簡単にできる白髪染めの方法を新規投稿しました。
2016/03/30
毛染め家庭用のコツ。を新規投稿しました。
△PAGE TOP