白髪染め使用するデメリットとは?

白髪染めには、さまざまな種類などがあり、メリット・デメリットがあります。
今日はデメリットについてです。

白髪染めをする場所

◎美容院
・価格が高い
・予約しなくてはいけない
・時間がかかる
◎自宅
・準備や片付けが大変
・使うものにより色落ちが早い
・後ろがうまく染めれてない
・商品が多いので悩む
◎両方に共通
・髪や皮膚にダメージを与える
・黒髪を維持するには定期的に染めないといけない
・アレルギーをおこす場合がある

白髪染めの種類

白髪染めには《化学染料》《植物性染料》の二種類に分類されます。
化学染料の白髪染め種類(4種類)
◆一般的なヘアカラー⇒髪にダメージがあり、人により刺激を感じる。

◆トリートメント成分のヘアカラー⇒明るく染めれない、色持ちが悪い、1度では染まりづらい

◆ヘアマニキュア(脱色剤フリーで染毛剤だけのもの)⇒明るく染める・根元から染める事が出来ない、地肌につくと落ちにくい、色持ちが悪い、次のカラーチェンジがしずらい

◆ヘアカラースプレー、塗るだけの部分染めタイプ⇒汗や雨などで色落ちする場合がある。

植物性染料の白髪染め
・明るくするのが難しく色味が限定される
・アレルギー反応が出ることがある
・匂いが残りやすい
・次のカラーチェンジがしずらい

と似たデメリットもありますが、それぞれにしかないデメリットもあります。

白髪染めにはさまざまな種類や形状があるので自分にあった商品を選ぶ様にします。
安いからなどと価格で選ばないようにします。
美容院はその人の髪に合わせた配合をしてくれますが、自宅で染める時は自分で選ばないといけないのでどれを選んでいいのか悩む人がほとんどだと思いますが、美容院や薬局でアドバイスをもらったりインターネットで調べたりし自分にあったものを選び使用し、異変があればすぐに病院に行き髪や皮膚にダメージを与え過ぎないように注意します。

白髪染め メーカー 一覧 TOPへ

△PAGE TOP