白髪染め家庭用を使用する時…

白髪染め家庭用を使用する時に一番困るのが、液剤が垂れたりしないか…心配になりますよね。
美容院のように、首にタオルを巻いたり、専用のケープを準備したしないといけない。
なんて心配もなく、毛染めで放置する時間が、周り等汚してしまう可能性がある為、じっと待たないといけない…なんて事をなくし、そんな時間を別の用事が出来る時間に出来る、一石二鳥なやり方をご紹介します。

市販のゴミ袋、肩が入る45?以上のサイズを準備す。
そのゴミ袋に、首が入る穴を袋の底の真ん中に開けます。
後は、両サイドに腕が入る程度の穴を開け完了です。
首を入れて、首元をセロテープ等で止め、毛染めを開始します。
毛染めの手順は同じです。

染め終わったら、放置する間

そのゴミ袋を裏返しにする要領で、頭に髪の毛を包み込むようにまとめあげます。この時、襟足までちゃんと入るようにしてくださいね。
大きな袋なので、口を結んでしまうと、シッカリ固定出来ます。

液剤がついた頭をカバーしているので、放置する間、動き回る事も出来ますし、液剤ごと髪を包み込む事で、より浸透力をあげますし、別の用事も出来て、正に一石二鳥ですよね。

染め終わりで、液剤を流す時も、上に引っ張れが直ぐ流せますし…
そのまま、袋を付けた状態で服も汚れず脱ぐ事も出来るので、シャワーを浴びながら流すのにも便利です。

液剤で汚れた袋は、そのまま中に、毛染めの容器や汚れたクシ等も一緒に入れて処分出来ます。

服を着たまま、液剤が垂れたり、周りに着いたら困るから、動けないし…
でも、他の用事もしたい…
なんて、忙しい方にはもってこい。
汚れずに他の用事も出来るので、無駄な時間がなくせるのもメリットですよね。

ケープに汚れが付くと、ケープも洗わないといけなかったり…等の手間もなく、気にせず処分出来る事もメリットですね。

ゴミ袋さえあれば…
簡単に出来る、服を着たまま毛染め…
皆さま、一度試してくださいね。
ケープ、タオル…入りませんよ。

白髪染め メーカー 一覧 TOPへ

△PAGE TOP